マイナンバー制度が、平成28年1月からスタートしますが、制度の開始に向けて、「自分の個人情報は、一体、どこまで筒抜けになってしまうのだろうか」と不安に思っている人も多いかと思います。

特に、消費者金融からの多額の借金を抱えてしまっている人は、自分の借金情報が、家族や会社にバレてしまうのではないかと心配になってしまいますよね。

幸い、今のところ、マイナンバーで管理される情報の中に借金情報はありませんので、借金がバレる心配はありません。

しかし、これはあくまでも現時点での話です。

今後、マイナンバーでどこまでの情報管理されるようになるかは、予測できない現状がありますので、今の内に、借金は整理をしてキレイにしておくことをオススメします。

→マイナンバー制度で借金が家族や会社にバレないか調べてみる


ちなみに、借金返済でも税金の支払いが未納になると、そういった情報はこれから、行政機関に筒抜けになるので、給与や財産の差し押さえを受ける可能性は高くなります。

また、借金自体も放っておくと、貸金業者から法的措置を受け給与を差し押さえられたり、催促の連絡を無視していると、自宅に連絡が来たりすることを通じて、会社や家族にバレてしまうリスクがあります。

ですから、バレたらマズイ借金を抱えている人は出来るだけ整理をしておくのが良いでしょう。

借金問題に関しては、匿名で無料相談出来るサービスも利用できるので気軽に連絡をしてみて下さい。

マイナンバーで管理される情報とは?

マイナンバーで国や行政機関での手続きを透明化し、簡素化していくために導入されるシステムです。

現時点では、社会保障、税、災害対策の行政手続きに限定された形でマイナンバーは利用されるので、それ以外の情報は対象外となります。

つまり、税金や保険料の滞納などに関しては、役所などにすぐバレてしまいますが、借金の情報は管理自体を行っていないので、バレる心配はないということになります。

借金の整理はお早めに

ただ、2018年以降、預貯金に関しては、マイナンバーに紐づける情報として追加されるようになりますし、今からタンス預金を検討している人も多いようです。

今後、マイナンバーが連結されてくる情報は増えてくるでしょうし、国民のあらゆる情報が管理されていく時代が来るのかもしれません。

もちろん、現時点のシステムでは、借金の情報まで管理されるとうのは、考えにくいところがありますが、かといって、可能性がゼロであると言い切ることは出来ません。

ですから、これからどんな時代が来ても大丈夫なように、借金は早めに整理していくのが良いです。

借金問題を解決する方法に関しては、こちらのサイトにも詳しい情報が書かれていますので参考にしてみてください。

法律の専門家に無料相談できるサービスもありますので、一人で悩まずに気軽に連絡をしてみましょう。

参考サイト
学校では教えてくれない債務整理